スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張の高速道路

久々に高速道路で運転しました。久々、なんてものじゃなく20年ぶり位じゃないかと思います。高速に入った瞬間から、ハンドルを握る手に汗が滲みます。かなりの緊張感が全身を包みます。うわ、このスピード感、普段の運転じゃ味わえません。
田舎なもので、片側1車線、数10キロ毎に追い越し車線はあるという感じなんだけれど、私の車の後には10台以上の車が連なり、みんなイライラしているんだろうなあ、と思いと緊張感はさらに募りました。追い越し車線に差し掛かると、抜かされる、抜かされる。軽自動車までスイスイと抜いていきます。目的地に着くまで、いったい何台の車に抜かれたことでしょう。途中、片側2車線の区間に入ると、なんとまあ快適なこと。片側2車線の高速道路ならあんなに疲れなかっただろうなあ。
しかしまあ、今回の高速道路体験でちょっと自信がついたかもしれません。今までは公共交通機関を利用することが多かった我が家の旅行スタイルもちょっと変わるのかな、と思ったりしています。
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。